FACULTY

歴史学科 考古学専攻の特徴

駒澤大学へ行けば、どんなことを経験し、学べるか。
まずは学科で展開している学びの個性を知ろう。

世界は広く、フィールドは楽しい

文字通り、考古学はフィールドワークが重要です。日本や中国の発掘調査現場において、実践的な学習を行います。

見て触るだけではなく五感で確かめる

とにかくモノが好きな人は考古学に向いています。遺物を見て、触れて、時には舐めるほどの情熱が学問に役立ちます。

学芸員・調査員になった卒業生多数

日本を含む世界の各時代の考古学を学び、そこで得た知識を活かして学芸員や調査員といった専門職を目指すことができます。

4年間の流れ

駒澤大学で過ごす充実の4年間。
どのようにステップアップし、自らを成長させて行けるかを紹介します。

1年次

基礎的な分野を幅広く学び、歴史学・考古学と向き合うための広い視野を修得します。

2-3年次

考古学の基礎に加え、実習科目によって実用的な発掘調査の方法を身につけます。

3年次

日本や海外で発掘調査を経験し、実践的な研究方法を学びます。ゼミがスタートするのも3年次です。

4年次

卒業論文に取り組みます。考古資料の収集、分析、解釈を行い、自ら設定した課題を実証的に解明します。

DATAで見る学科

学部や学科の個性を数字で見てみましょう。
そこからこの学科にしかない魅力が見つかるかも!

1000時間

発掘の現場をたっぷりと経験できる

考古学にとって最も重要なことは、発掘現場に参加することです。しかし、近年はなかなか思い通りに現場経験を積めないこともあります。考古学専攻では、卒業までに約1000時間の学習機会を提供することができます。

紀元前1000

3000年前の遺物に触れながら学びを深める

貴重な資料を多く所蔵している考古学専攻。授業では、紀元前1000年頃に使われていた本物の中国の土器などを使っており、考古学という学問のスケールの壮大さを感じ取ることができます。

35~40

小所帯のため丁寧な指導が受けられる

歴史学科考古学専攻は、学内においてもっとも所帯が小さいことで知られています。毎年入学する学生の数は35~40名なので、教員のきめこまやかな指導を受けることが可能です。

70000

膨大な数にのぼる発掘報告書の閲覧が可能

駒澤大学は早くから発掘報告書の収集に努め、およそ70000冊という膨大な数の報告書を所蔵しています。毎年、全国各地の自治体から報告書の寄贈を受け、充実した学習環境が整っています。

50%

大学院に進んだ学生の半数以上が専門職に

卒業後、大学院に進学する学生は全体の約1割。その半数以上が、埋蔵文化財を調査する公務員や民間発掘機関の調査員といった専門知識を活かせる職業に就いています。

もっとくわしく!歴史学科 考古学専攻

さまざまな学びを展開している駒澤大学。
その一例をよりくわしく紹介します。学びの内容から、その先につながる自分の未来を想像してみよう。

日本と世界の考古学をカバーする幅広い講義内容

考古学専攻として学生を募集している、全国でも数少ない大学です。1年次から考古学を学ぶ仲間とは同じクラス。基礎はもちろん、日本と世界のさまざまな時代の考古学を学べます。少数精鋭の環境で、各分野の第一線の研究者の指導を受けられるのが特徴です。

身につけた技術を海外・国内の発掘現場で実践

考古学は机の上だけでは学べません。2年次からは、発掘実習の基礎や写真撮影の技術、遺物の実測などを、本物の資料を使って学びます。この知識と技術は、3年次に日本あるいは中国の発掘現場で役立ちます。中国の発掘現場では、現地の学生や地元の方々と交流するチャンスもあります。

専門知識を活かして学芸員や調査員を目指す

卒業後は修得した知識や技術を活かせる就職が可能。卒業生は、全国各地の博物館学芸員、各地の教育委員会で地域の埋蔵文化財を調査・活用する専門的な公務員、民間発掘機関の調査員、さらに社会や地理・歴史の教員として活躍中です。もちろん、一般企業にも多数の卒業生が就職しています。

社会とつながる歴史学科 考古学専攻の学び

ニューノーマルな時代になり、さらに大切さを増す“社会とのつながり”。駒澤大学で出会い、関係し、新たに身につけられる社会とつながる学びを探ってみよう。

全国で活躍する卒業生のもとを訪れ 考古学を活かせる職場の様子を見学

各方面で活躍する卒業生のもとを訪れ、キャリア教育を実施。埋蔵文化財の調査員、博物館の学芸員、ラボの研究員といった仕事をするOB・OGの職場に出向き、発掘現場の見学、展示方法の学習、遺物の理化学的分析などを体験しています。社会人として働く卒業生の仕事の様子を見ることで、将来の仕事についてイメージがしやすくなります。また、専門職に就いている卒業生を大学に招いて講義を行うこともあります。

発掘調査の現場で地域の人々と交流 成果報告によって研究の価値を周知

地域との結びつきが非常に強い発掘調査。事前に地方自治体の許可を得てから調査を開始するため、噂が広まり地域の人々が見学にくることも少なくありません。その際には、野菜や卵などを差し入れていただくこともあり、合宿生活を送る学生の貴重な食料となっています。また、発掘期間中に現場説明会を行い、自治体経由で地域の方々に成果を報告。日本でも海外でも、現地の人々と交流を深めることができます。

個性あふれる卒論

4年間の集大成として卒業研究に取り組むことも駒大の学びのひとつ。
それぞれ興味をもったことを深められるから、個性的なテーマの卒業論文がたくさんあります。その一部を紹介。

「古代東北における瓦の生産に関する研究」

この論文は、平安時代における東北地方の瓦生産の実態を解明することを目的とした卒論です。発掘調査で発見された瓦を詳細に観察し、瓦の製作技法の復元や製作工具の分類を行うことで、瓦の製作者集団の人数や工具の管理・使用状況といった細かな生産体制を考察しました。考古学の研究では、平安時代の瓦生産の研究は決して多くありません。東北地方の瓦生産という地元に密着した社会の様相を明らかにしたことに、大きな意味があります。

「日本における龍の図象の変遷」

龍という空想上の生き物は、中国から日本に伝わり、寺社の彫像や絵画のモチーフとして広く定着しました。この論文では、中世から近世の寺社に残された龍図像(絵画・彫刻など)を収集し、その地域的・時代的な変化を考察したものです。検討の結果、龍の姿には鼻の形・ヒゲの有無・指の数などの点で、大きく二つの種類があり、時代的に徐々に変化してゆくことがわかりました。実在しない存在でも、モノとして形作られれば考古学の研究対象となることを示した、面白い研究でした。

「古代中国における豚便所遺物からみたトイレの構造」

中国の農村では、いまでも「豚便所」というトイレが使われているところがあります。庭に設置した小屋に豚がおり、人間の落とし物を豚がエサとして食べるという、たいへん機能的なトイレです。古代中国ではこの豚便所のミニチュア模型を作り、お墓のお供え物として副葬する習慣がありました。この論文は、トイレという遺跡として残りにくい生活の一部分を、ミニチュア模型の構造から考察したするどい視点の卒業論文です。

先輩たちのシューカツ

これまでに25万人を超える卒業生を送り出してきた駒澤大学。
先輩たちが、どんな企業や団体で力を発揮しているのか、その一部を紹介します。

 

※2021年3月31日現在

先生たちのthink!

これまでthink!にご登場いただいた先生たちの記事をLink!
駒澤大学の個性あふれる先生たちが、どんなことを考えているか見てみよう。

top